自律神経の乱れが不眠や睡眠不足を招く!原因と改善方法をわかりやすく

人間は寝ているときも、起きているときと同じに心臓が動いて呼吸をしていますが不思議ですよね。

もちろん私たちは何もしていませんが、この動きをコントロールしているのが自律神経です。

実に上手くできていて、体や脳を休めている間も働き続けています。

ところが、この自律神経の働きやバランスが崩れると、睡眠にも大きく影響してくるのです。

それは何故でしょうか?

また自律神経の調子を取り戻すにはどうしたらいいのかについても、分かりやすくまとめてみました。

自律神経の乱れが不眠や睡眠不足を招く!

自律神経とは?

自律神経とは生きていく上で必要不可欠な存在です。

そして私たちの意思とは関係なく自動で働いてくれています。

その役割としては

  • 心臓などの内蔵を動かす
  • 食べたものを消化する
  • 血圧をコントロール
  • 体温を調整する
  • 血管の拡大縮小
  • 瞳孔の調整をおこなう

これだけに限らず、他にもたくさんの仕事をしてくれています。

もしこれらすべてを自分の意思でコントロールするとなると実際には不可能です。

その自律神経ですが、交感神経と副交感神経に分かれています。

*交感神経

交感神経とは活発に動かす働きをしています。

運動をすると血圧が上がって心拍数もあがります。そして汗をかき呼吸も激しくなりますよね。

これらの働きは交感神経のよるもので、活発に働くのは主に昼間です。

多くの器官を一括でコントロールしており、何かあったときには一気にその働きが盛んになります。「闘争と逃走の神経」などと呼ばれていますね。

*副交感神経

これに対して副交感神経は体を休めている時に働きます。

血圧や心拍数が下がり呼吸も落ちついてくるのは、副交感神経によるもので交感神経とは相反する働きをしています。

また、各器官のコントロールはそれぞれ部分的におこなわれることが多いと言われます。

活発に働くのは主に夜間です。

不眠を招く理由

自律神経にバランスが必要なように、私たちの生活でもリズムがとても大切になります。

もしもこのリズムがくるってしまうと、自律神経もバランスをとれなくなってしまうのです。

それが自律神経失調症で、さまざまな症状があらわれます。

  • 片頭痛
  • めまい
  • ほてり
  • 便秘
  • 不眠
  • 体がだるい
  • 手足のしびれ
  • イライラ
  • 気分が落ちこむ
  • 憂鬱
  • 不安感
  • やる気が出ない
  • 感情が不安定

この他にも症状が出ることがあるのです。

またストレスが溜まっている場合にも同様のことが言えます。

本来ならば副交感神経が働いていなければならないのに、交感神経が活発に働いていたらどうなるでしょう?

眠るつもりでいるんだけど、体が起きようして目が覚めてしまって眠れないといった症状があわられます。

これが続いたら「不眠」になってしまうのも無理がありませんね。

私たちが入眠するには副交感神経が優位になるという条件があります。これが逆転しているようでは安眠を得ることはできません。

原因と改善方法をわかりやすく

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れるのは、毎日の生活の乱れが考えられます。

例えば、本来は寝ている時間なのに起きていたとします。すると交感神経と副交感神経の仕事の割合が上手く調整できなくなります。

ですから夜間勤務などによって変則的なリズムになっていますと、バランスが崩れやすくなるのです。

寝ている時間帯に交感神経が活発に働いていてはいけないのです。

また、ストレスもバランスが崩れる原因の一つになっています。

私たちは学校や職場などで毎日のようにストレスと闘っています。これが発散できずに溜まってしまうと自律神経失調症につながることがあります。

女性の場合にはホルモンが関係していることあります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、卵胞ホルモンは女性らしい体形にしたり、基礎体温を下げるなどの働きがあります。

一方の黄体ホルモンは妊娠をサポートする働きと、逆に基礎体温を上げるなどの働きをします。

このバランスが崩れると、自律神経にも影響を与えます。

改善方法について

では改善方法について見ていきましょう。

もし自律神経失調症の症状があらわれたら、神経科や心療内科を受診することをお勧めします。

そして症状をよく説明して相談しましょう。

*治療方法

病院では薬を処方される場合があります。

自律神経調整薬や抗不安薬、ホルモン剤、抗うつ剤、ビタミン剤などがあり、不眠の場合には睡眠導入剤を使うことがあります。

その他にもカウンセリングであったり、針や灸、マッサージなども行われます。

*予防方法

生活のリズムを整えることは、予防方法としてだけでなく治療方法としても有効です。

仕事や友達との付き合いもあるでしょうが、あなたの1日のパターンに影響を与えない程度に控えておことです。

自分の好きなようにできればベストですが、実際にはそうはいきません。

またストレスは溜め込まないようにしましょう。

もし「ストレスが溜まっているな」と感じたらウォーキングやジョギングなどの運動をおこないましょう。ただし過剰に負荷をかけないように、気持ちいい程度にあなたのペースでおこないます。

その他にも趣味に集中したり、アロマテラピーを楽しむ、笑いで発散させる、音楽を聴いて心を落ちつかせるといった方法もあります。

まとめ

私たちには五感が備わっていて、毎日いろんなことを感じながら生きています。

そこから得らえることは、うれしいことや楽しさ、感動といったプラス面だけでなく、悲しみやくやしさ、怒りといったマイナス面もあります。

ですので、これらと上手に付き合っていくことが必要になります。

時にはマイナスのことでも、乗り越えていけるような強い気持ちをもっていたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする