不眠症になる原因と症状とは?絶対にやってはいけない5つの行動

睡眠はとても大切な生理現象の一つです。

これが邪魔されると体と心に大きな影響を及ぼします。

眠れない辛さを我慢し続けていると、ガンや脳卒中、糖尿病などの病気にかかる確立が高くなるとも言われています。

健康でいるためにも「寝る」ことはとても大切なことなんですね。

ではなぜ不眠症になってしまうのかといった原因や症状、さらには絶対にやってはいけない事とは何でしょうか?

不眠症になる原因と症状とは?

考えられる原因

不眠症とは十分な睡眠が得られない状態が続くことですが、この状態に悩まされている方が実に5人に1人いると言われています。

ですので、あなたやあなたの周りの方が不眠になってもおかしくない状況になっているのです。

では、なぜ不眠症になるのでしょうか?

その原因はさまざまですが、大きく分けて5つあります。

  1. 身体的要因
  2. 精神的ストレス
  3. 環境要因
  4. 生活習慣
  5. 薬の影響

1 身体的な要因

まず身体的な要因ですが、痛みやかゆみ、トイレが近いなどがあります。これらがありますと気になって眠れませんよね。また加齢が原因で睡眠時間が短くなることもあるのです。

2 精神的ストレス

精神的ストレスは現代社会には付き物で深刻な問題です。職場や学校などでの対人関係からイラついたり落ち込んで不安定になることもあります。

3 環境要因

環境要因として、寝る部屋や寝具が変わったり、温度、湿度、あるいは明るさなどの変化で眠ることができない場合があります。よく枕が変わって眠れないなどと言いますが、私たちは環境にとても敏感であったりします。

4 生活習慣

生活習慣の影響は食事やお酒、タバコといったものがあります。食事の時間もバラバラで規則正しい生活が送れていない方もいらっしゃいます。お酒を飲むと眠れそうな気がしますが、実は眠りを浅くしてしていたりするのです。

5 薬の影響

現在、何かの病気で薬を服用してい場合にも不眠になることがあります。考えられるのが副作用ですが、うつや血圧を下げる薬などで眠れないといった症状があらわれたりします。気持ちが高ぶったりして興奮した状態になる薬もありますので注意が必要です。

あらわれる症状

ではどんな症状があらわれるのでしょうか?

不眠のタイプには4種類あるとされています。

  1. 寝つきが悪い
  2. 夜中に目が覚める
  3. 睡眠の質が悪い
  4. 早朝に目が覚める

1 寝つきが悪い(入眠障害)

「さて、寝よう」と思って、布団に入ってもなかなか寝付けない方がいらっしゃいます。人によっては数時間もそんな状態が続いたりします。すると睡眠時間が短くなってしまい、日中に眠かったり、体がだるいなどの症状があらわれます。

2 夜中に目が覚める(中途覚醒)

一度は眠ることができるのですが、朝までの間に何回も目が覚めてしまって良く眠れない状態が続きます。特に高齢者になると眠りが浅くなりますし、うつ病、睡眠時無呼吸症候群といった病気が原因していることもあります。

3 睡眠の質が悪い(熟眠障害)

十分に寝た気がしない症状で、睡眠の質が低下している状態です。深い眠りと言われているレム睡眠の時間が少ないと寝不足の感覚になります。睡眠時間はたっぷりとっているつもりでも、良く眠れていないのはこのためなのです。

4 早朝に目が覚める(早朝覚醒)

朝のまだ早い時間に目が覚めてしまいます。その影響で睡眠不足の状態が続くことで、日常生活や仕事などに支障が出ます。朝早く起きるといっても毎日の生活に何も問題がない場合は。不眠として考える必要はありません。

絶対にやってはいけない5つの行動

そんな不眠で悩んでいる方が、寝る前に絶対にやってはいけない事がありますので紹介しますね。

もし心当たりがあったらすぐに止めてください。

とても大切なことなので十分に気をつけましょう。

寝る直前に食事をする

食事をしてすぐに寝ることは睡眠の妨げになります。

理想としては寝る3時間前には済ませておきたいですね。

夜帰りが遅かったりすると、食事の時間も寝る直前になってしまったりしますがこれはいけません。

カフェインの入ったお茶やコーヒーもお酒も控え目にした方が良いでしょう。

食べたものを消化するために胃が働いており、リラックスした状態ではないので寝つきも悪くなります。

あなたもそんな経験がありませんか?

食事をするタイミングも大切ですが、その量にも気を付けたいものです。

寝る前にパソコンやスマホを見る

寝る前にはパソコンやスマホの画面を見ないようにしましょう。

とはいってもメールやSNSのチェックをされる方も多いと思います。私もついついやってしまいがちです。

ゲームなどもやり始めると夢中になって時間を忘れて…なんてこともありますよね。

ですが、この時に画面からの光を浴びています。

ブルーライトと呼ばれていますが、長い時間これを見続けると睡眠に大切なメラトニンの分泌が抑えられてしまうのです。

すると眠れないといった症状が現れるので、寝る前には見ないように注意しましょう。

寝る直前に運動をする

寝る前の運動も気を付けましょう。

というのも私たちが眠りにつく時の体温は通常よりも低くなります。ですが手や足は冷たいと眠れませんね。

赤ちゃんの場合は良く分かるのですが、眠い時の赤ちゃんの手足はとても暖かくなります。

「体温が下がるのに手足が温かい」なんて何ともおかしい気もしますしますがこれが正しいのです。

実際にはこうすることで、手足から熱を逃がして体温を下げているいるわけです。そして体温が下がることによって睡眠に入っていくのです。

ところが運動をしてしまうと逆に体温を上げることになってしまうので、逆効果というわけですね。

ですからジョギングやウォーキング、ジムでのトレーニングといった運動は、寝る2時間~3時間前に終わらせるのがポイントです。

過度なダイエットをしている

お腹が空いていては眠れませんよね。

特にダイエットをされている方は、夜食べることに抵抗を感じることもあると思います。

お腹が空いた状態ではオレオキシンという起きている状態を保とうとする物質が活発に働いています。

すると眠気を感じなくなるので、寝つきが悪くなったりするのです。

もしお腹が空いて眠れない時には、ヨーグルト、温かい牛乳、果物、お粥やスープといったものを食べると良いでしょう。

この時にあまり冷えたものは睡眠の妨げになるので、摂り過ぎないように気を付けましょう。

熱い(ぬるい)お風呂にはいる

1日の終わりにはお風呂に入ってサッパリしたいですよね。そして「おやすみなさい」したいものです。

でもその時に熱いお風呂に入ったりしていませんか?

中には熱めのお風呂が好きな方いらっしゃるかと思いますが、あまり温度が高いと逆効果になるってご存じですか?

本来ならばリラックスしたいのですが、交感神経が活発になるためにかえって目がさえてしまいます。

体の芯まで温めると深部体温が一旦上がるのですが、その後低くなることで眠りに導いてくれるのです。

逆にあまりぬるいお風呂では芯まで温めることができません。

ですから38°~40°のお湯で10分~20分以内、風呂上りにすぐに寝るのは避けて、暫くして落ち着いてから寝るようにしましょう。

まとめ

以上、不眠の原因や症状、そして絶対にやってはいけない事について見てきましたがいかがでしたか?

日常で気になることや当てはまることがあったら、今から遅くありませんので改善していきましょう。

何事もそうですが行動しなくては絶対に良くなることがありません。思っているだけではダメなんですよね。

一つずつ原因を解決していくことで、少しでもあなたの不眠が改善されることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする