不眠治療に市販の睡眠薬は効かない?病院で処方される薬との違い

私たちは具合が悪くなったときに、市販の薬を飲むことがあると思います。

風邪薬や頭痛薬などすぐ手に入れることができて、身近なところにあるのが市販薬の便利なところです。

不眠で悩んでいて市販の薬を使おうと思っている方や、実際に使ったことがある方もいらっやると思います。

でも実際のところ市販薬ってどうなんでしょうか?

効く?それとも効かない?

市販薬の効果や病院で処方される薬との違いも気になりますよね。

そこでこれらの疑問について実際のところどうなのかを見ていきましょう。

不眠治療に市販の睡眠薬は効かない?

不眠の解消のために薬を使っている方もいるでしょう。

そして、その薬が市販薬であったりすることもあると思います。

一口に不眠の薬と言っても種類があって、睡眠薬や睡眠導入剤、そして睡眠改善薬といった具合にいろんな呼び方をされています。

ですが市販されているのは、睡眠薬ではなく睡眠改善薬ですので間違わないようにしてくださいね。

また睡眠薬の効果は不眠の種類とも深く関わっています。

睡眠薬は不眠のタイプで異なる

一般的に睡眠薬と呼ばれる薬でも、その目的は様々です。

たとえば睡眠導入剤は寝つきが悪い方、いわゆる入眠困難になっている方が使う薬です。

厳密にいえば睡眠導入剤も睡眠薬の中に含まれるのですが、現実には分けられていたりします。

実際に睡眠薬を選ぶ際には、あなたの不眠の種類によって選択するのが良いと思います。

だって早朝覚醒で悩んでいるのに、睡眠導入剤を服用するのはちょっとズレていますよね。

不眠の薬には短時間だけ作用するものから、長時間に渡って作用するものまで様々です。当然ですがその成分も異なっています。

ですからそれぞれの薬を不眠の種類によって使い分けることが大切です。そうでないと効果が発揮されなくなり「あれ?効かないなぁ」となります。

症状にあった薬を使ってこそ、その働きが期待できるというわけです。

ですが一般に市販されているのは睡眠改善薬だけですし、その成分に大きな違いがないのが現状です。

ですので不眠のタイプによって使い分けることや、症状が重い方は効果を期待するのは難しいのかもしれません。

医師から不眠症と診断された方は、病院で薬を処方してもらうのが良いでしょう。

個人輸入で強い薬を入手する方法もあるようですが、注意しないととても危険であることを忘れないでくださいね。

中には日本で認められていない成分が入っていたりしており、どんな副作用があるのかもわかりません。

もし何かあっても全て自己責任になってしまいます。

効果は大きいかも知れない分、リスクも高いということです。

市販薬の成分と依存性

市販薬の成分は、どのようなものが含まれているのでしょうか。

現在販売されている睡眠改善薬は、抗ヒスタミン剤がほとんどです。それぞれの成分が不眠の改善に効果的とされています。

* ジフェンヒドラミン塩酸塩

神経伝達物質であるヒスタミンを抑える働きにより眠気を誘います。風邪をひいたり花粉症になったときに飲む薬にも含まれているんですね。

* 漢方

酸棗仁湯(さんそうにんとう)、抑肝散(よくかんさん)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうぼつそれいとう)といった不眠の改善に良いとされる漢方薬

* アリルイソプロピルアセチル尿素

興奮やイライラといった症状を抑える働きのある鎮静成分で、頭痛薬や生理痛などの薬にも配合されたりします。

ではこれらに成分であれば安全なものなのでしょうか?

実はそうとも言えず、続けて使っていると眠気などの副作用の他に依存症になる可能性が出てきます。

依存性については薬そのものよりも、どちらかと言うと精神的に頼ってしまう形での依存が多いのではないでしょうか。

飲まないと心配、飲まないと不安といったもので、飲んでさえいれば安心できるのだと思います。

それ以上に副作用に気を付けるべきかもしれませんね。

特に市販薬の場合は効き目が穏やかであったが為に、自分で勝手に量を増やしてしまうケースもあります。

病院で処方される薬ほど強くないにしても、量や使い方には十分に注意が必要です。

選ぶ際には薬局でよく相談してから購入するのが一番です。自己判断で飲み続けることは、体に悪く危険でもあることを忘れないでください。

病院で処方される薬との違い

病院で処方される薬は市販されているものとは異なるのです。

効き目が強いのはもちろんですが、副作用や依存症になる可能性も高まります。

そうならないためにも依存性が低い薬を使うことも必要になってきます。それにはどんな種類があるのか知っておいた方が良いでしょう。

効き目が強い順に紹介していきます。

* バルビツール酸系…最も効き目が強いが、副作用や依存症になる可能性も高い

* ベンゾジアゼピン系…バルビツール酸系よりも安全性を高めた

* 非ベンゾジアゼピン系…ベンゾジアゼピン系の副作用をさらに軽減させた

* オレキシン受容体拮抗薬…オレキシンの働きを制限することで眠気を誘う

* メラトニン受容体作動薬…メラトニン受容体に働きかけ睡眠に導く

これらのタイプの中でどれが最も依存性が低いかと言えば、メラトニン受容体作動薬がそうですが、実は効き目とも関係しているんですね。

副作用や依存性が低い薬は効果もおだやかになりますので、不眠初期の軽い症状の方に向いている薬とも言えます。

そして効いている時間によっても分けられます

  • 超短時間型(2時間~4時間)
  • 短時間型(6時間~12時間)
  • 中時間型(12時間~24時間)
  • 長時間型(24時間以上)

依存性は長時間作用する薬の方が低い傾向にあります。

では低ければ安全と思いがちですが薬ですから、絶対にないとは言い切れません。

反対にバルビツール酸系睡眠薬は依存性が高いので服用にあたっては、より注意が必要になります。

心配になったときは医師に相談してみるのが安心です。

きっとこの安心が心の薬にもなると思いますよ。

まとめ

不眠の改善薬については薬と不眠の関係をもう一度見直して、あなたに合った薬を使うことが必要です。

病気を治す事が目的の薬ですから、誤って用法や量を間違えないようにしましょう。

そして「少しぐらい大丈夫」なんていう甘い考えは捨ててください。薬であることに変わりはありませんので必要以上に摂取するのは良くありません。

「毒と薬は表裏一体」とはよく言ったもので、上手に付き合っていくことが必要です。

正しい用法と種類をもう一度確かめて、不眠の改善に取り組んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする