クラシックが不眠に効くのは本当なの?種類や正しい選び方を紹介 

音楽にもいろんなジャンルがありますが、あなたはどんな曲を聴きますか?

激しいロック系であったり、しっとりとしたバラードであったり好みはそれぞれだと思います。

良く考えれば様々な影響を及ぼしていてとても不思議です。

音楽を聴いているときに、曲によっては気持ちが高ぶってくることがあったり、反対に物悲しい気分に変わったりもしますよね。

今回はそんな音楽の中でクラシックによる睡眠効果について考えていきたいと思います。正しい選び方についてもまとめてみました。

クラシックが不眠に効くのは本当なの?

実は音楽の与える影響は私たちが考えている以上に大きなものであり、睡眠にとっても同じことが言えます。

一曲の音楽が聴き方次第でプラスになったりマイナスになったりするのです。

ではいったいどんな影響があってその理由は何なのでしょうか。

クラッシックの与える影響

ではクラシック音楽はどんな影響を与えるのでしょうか?

良く知られているのはヒーリング効果ですね。

良く聞く言葉ですが、私たちが本来もっている能力を引き出してくれて体と心を癒してくれる働きです。

その歴史は古く約3,000年前にはすでにあったようです。

古代から使われていたのも驚きですが、現在では医療の現場でも認められて使われるほどになっています。

また、この効果は人間だけでなく植物に聴かせるとその成長を促し、乳牛に聴かせるとミルクの量が増えるなどの効果が報告されています。

そう聞くともっともっと可能性があるように思えます。

効果的と言われる理由とは?

クラシック音楽に効果があるとされる理由に「トマティス理論」があります。

これはフランスの耳鼻咽喉科医であるアルフレッド・A・トマティス博士が研究していた理論です。

音楽には周波数というものがあります。例えば低い周波数の音は、船やバスといった乗り物の音がそうです。

反対に高周波になると「キーン」と甲高い音がします。よくモスキート音などと呼ばれ、蚊が飛んでいるときの音がそうですね。

その周波数によって脳に与える影響が異なり、ある領域の周波数には副交感神経を活発にさせてリラックスさせる効果があります。

そして、もう一つの効果が「1/fゆらぎ」です。

これは波の音や小川のせせらぎといったものや、電車の揺れもそうですね。

あと脈を打つ間隔にも同じことが言え、ゆっくりになったり早くなったりして変化しています。

これらは一見規則的に思えるようなものもありますが決してそうではなく、かと言って雑音のような不規則なものでもありません。

ちょうど規則的なものと不規則なものの両者の間に位置しており、揺らいでいるものとされています。

この1/fゆらぎが私たちを心地良い状態にしてくれるのです。

クラシック音楽の種類と正しい選び方

一言でクラシックといっても種類は様々なものがあります。

ではどんな曲があるかといいますと、こんなに多くの種類があるんですね。どれがどんな曲かご存じですか?

  • 円舞曲:ワルツ
  • 前奏曲:プレリュード
  • 幻想曲:ファンタジア
  • 行進曲:マーチ
  • 奇想曲:カプリス
  • 序曲   :オーバーチュア
  • 狂詩曲:ラプソディー
  • 即興曲:アンプロンプチュ
  • 練習曲:エチュード
  • 夜想曲:ノクターン
  • 間奏曲:インテルメッツォ
  • 交響曲:シンフォニー

全部で数万曲もあるとされており種類も非常に多いので「簡単に選べない…」となってしまいます。

そんな時によく登場するのがモーツァルトの曲ですね。

その理由は周波数が関係しており、3,500ヘルツ~4,500ヘルツの音が組み合わされているからなのです。

この3,000ヘルツ以上の周波数とメロディの組み合わせにゆらぎの効果があるとされ、脳にも影響を与えていると言われています。

楽器で言うとピアノ、フルート、バイオリンなどが高い周波数になり効果的とされます。

ただし注意しなければいかないのは、これらの楽器の音楽が耳障りに感じる場合ですが、そんな方には良い結果が望めないでしょう。

正しい選び方は最終的にはあなた自身がリラックス出来るかどうかが一番だと思います。

もちろん間違っても興奮する音楽はダメですよ!

いくら良いと言われても不快に感じる音楽を聞いても心が穏やかになることはありませんし、リラックスすることができないからです。

そこで癒しに良いとされる音楽も紹介しますので、試しに聴いてみてください。

モーツァルト: ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調, K.466 第2楽章
試聴はこちら

バッハ:G線上のアリア
試聴はこちら

ラヴェル: ボレロ
試聴はこちら

ドビュッシー:月の光
試聴はこちら

パッヘルベル: カノン
試聴はこちら

シューベルト:アヴェ・マリア
試聴はこちら

ショパン:雨だれ
試聴はこちら

いかがでしたか?

寝る前やくつろいでいるときに聴いてみてください。

その他に不眠の改善には音楽が効果的?眠れない時におすすめの音楽アプリ5選にも、快眠になるための情報がありますので参考にしてください。

まとめ

普段聴いている音楽でもジャンルに気を付ければ、使い方しだいで凄い力を発揮してくれるなんて利用しない手はありませんね。

これらがプラスに働いてくれるのであれば、使わないともったいないと思いませんか?

沢山ある中にもあなたに合った音楽はきっとあるはずです。クラシックだけでなく睡眠音楽アプリなども上手に使って、不眠を解消したいものですね。

それにはまずは行動を起こしましょう。そしてリラックスできるピッタリの音楽を見つけることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする